HOME > スポンサー広告 > title - おみやげって・・・HOME > 家族 > title - おみやげって・・・

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-31

おみやげって・・・

すっかりお義母様をネタにするのが日課となった、腹黒嫁はるしゅんです。


あのぉ・・・腹黒嫁の独り言なんですけどぉ・・・


 


先日、ひたちなかでウキウキショッピング(何語?)を楽しんだ後


オット様の強い?希望で、那珂湊というところの魚市場に行ったわけです。


 


pm4:00をすぎていて、開いているお店は1件


しかも片付けたいのか、かなり投げやり


 


「奥さん コレ安いよ」 「奥さんコッチいい魚よ」


のだみ声(ごめんねおじちゃん)に怯えつつも


良い嫁ぶってお買い物


っていうか、義父母へのお土産選び


ちっ


 


で、家に帰ってさっそく


サンマを5匹 お刺身用におろす。


お魚をおろせない?義母のために、当然 義父母&義弟の分も。


ちっ


 


その後、サバにとりかかる。


シツコイですが


要望通り 義父母&義弟の分もね。


ちっ



で、いい嫁ぶって


「お義母さ~ん、サンマとサバ、冷蔵庫に入れておきますね。」


すると


「切り身ねっ!」


と、すかさず確認の声


「はい。」 (ありがとう・・・とかないわけ?)


ちっ



翌日


「昨日のサンマ、いくらしたの?」


(え?聞くの?) 1匹¥100です。」


「あ、そう。おいしかったよ。」


「そうですかぁ。良かった。」 (ちょっと棒読み)


「本家もお魚好きなんだよねぇ。」


「・・・・・」 (それが何か)


「あと3匹もあればいいんだからさぁ


 今度行くときは、一言言ってくれない?


( ̄□ ̄|||)



わかりますぅ?本家って・・・・・


温泉まんじゅうじゃなくてよ、「本家ち○や」とかじゃなくてよ


歩いて5分もかからないところにあるのよ


義父の実家


今は、伯父さんとその家族だけどね。


そこの家にも・・・だってさ。


ちっ ちっ



コレって嫁として当然なのかしら?


ちょっと遠出をしたら、ちょっと魚市場に寄ったら


親戚の分までお土産を買う って。



それ以前に、いちいち


「今日はココへ買い物へ行って、帰りに魚市場に寄る予定であります。」


とか、敬礼つきで報告しなきゃいけないの? 



やっぱり なじめないわぁ。



そして、もうひとつ腑に落ちないことが・・・・・


伯父さん&その家族で、計6人なのね。


なのに


「あと3匹もあれば足りるんだから~」 って


6人家族に サンマ3匹って・・・・・


確実に、足りなくね?ショボくね?


そんなお土産、持って行けね。(使い方違う)



お義母様ったら、念押しなのか


オット様にも同じことを言ったらしい。


オット様、フツーに聞き流しやがった とさ。


反論しとけよ。



やっぱり、なじめないわぁ。


ポチリとしていただけると お義母様もお喜び(嘘→バナー 

 

スポンサーサイト

コメント

お返事

v-20yumiさん
え~っと・・・「ぢっ!!」って・・・
意味違くね?
発音難しくね?
美人だからって
美人だからって許さないわよっ
ぢっ!!
あ、言っちゃった(*・ω・*)ポッ


v-20akkonさん
<(_ _*)> アリガト
一緒にボッシュートしてくれて!
ついでに
o(’へ’)○ァンパンチ!!
も、一緒にしてくれる?
勝手に「元気百倍!」<(_ _*)> アリガト

うわ。
もう、読んでて 足がカクカクしたよ。
手もプルプル・・・。
ちっ。 では済まされないよね。ほんとは。
「一言言って」だ~? 「本家にも」だ~?
切り身にまでしてもらっておいて、お礼の一言もないんて。
もう、プレゼントもボッシュートっ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「ちっ」が6個じゃ足りません?
あ~そういうことじゃないくてね。
同居って、無縁だからわからないけど~
あたしだったら報告しないよー。
だって、その度に「あれと、あれ。」って
頼まれたらさぁ、それこそ「ぢっ!!」
になっちゃうも~ん。
心の中だけじゃおさまらなくて声に出しちゃうかもだも~ん。
でしょ?・・・・・・。アレ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://harushun.blog54.fc2.com/tb.php/193-5dc10e42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。