HOME > スポンサー広告 > title - お寿司屋さんにて。HOME > 未分類 > title - お寿司屋さんにて。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-05

お寿司屋さんにて。

先日、オット様と「廻らないお寿司」を食べに行きました。


うわぁ~い、わ~い!とぉ~ってもおいしかったです((pq´ω`◎)


 


の記事を書く予定でしたが・・・・・
  注意:長くなります。


4席しかないカウンターに、グーグーガンモ似の40歳くらいの男
ガンモの手下らしき男、その隣に、20代らしき女2人


「どういう関係なんだろ。」早くも目がいってしまう。


ガンモ&手下、場を盛り上げようと一生懸命もがいているが、女二人
「寿司おごってくれるっていうからぁ~来ただけだしぃ~」な空気


Ψ(`∇´)Ψ気になるぅ。


ガンモ : 「オレ、悪かったわけじゃないけど、長ランとか、短ランとか着てて~・・・」
       熱く語りだす。
女 : ドン引き 「長ランって何?ヒソヒソ」 


ガ : 「なっ、なっ、オレって悪くなかったけど、悪そうに見えて・・・」
       手下に「オレ様を持ち上げろ」合図
手下 : 「いやぁ、怖かったっすよぉ。」
女 : コソコソ メール中


Ψ(`∇´)Ψ 「引いてる、引いてる。」
       鯛のにぎりをひとつ、熱燗を一口


女 : 目の前の「ソーキソバ焼き」を意味なくつつく。


このお店、店主が沖縄出身らしく、お寿司屋さんだけど
泡盛やらミミガーやら「ソーキソバ焼き」なんかがおいてあるの。


ガ : 「オレ、英語は苦手だったけど、数学はできたよなぁ。」
手下 : 「頭良かったっすもんねぇ~。」


Ψ(`∇´)Ψ 「そうは見えないなぁ・・・。つうか、寿司食えよ。」
       中トロひとつ頬張り熱燗をグッとあおる。


女 : 「え~わかんな~い。」


Ψ(`∇´)Ψ 「アホに見えるぅ~って、言ってやりなよ。でもって、お寿司頼んじゃいなよ。」
       お猪口に手酌


ガ : 「オレ、喧嘩は強かったよなぁ。」
手下 : 「えぇ、強かったっす。」
女 : 「・・・・・」メール中


ガ :「喧嘩しちゃ、負け知らずだったよなぁ。」
手下 : 「はい、怖かったっすよ。」


Ψ(`∇´)Ψ 「(゚m゚*)プッ目頭を押さえる。」


オット様 : 「ワサビか?」


Ψ(`∇´)Ψ 「今は、今はワサビのせいにしておいてぇ~。」
       涙を流しながら、ウニ&イクラで迷う。
       いや、まだ早い。蒸しエビだ。


ガ : 「相手が、ホンマモンのときだって・・・・・」
手下 : 「・・・・・」
      合いの手を忘れる。
女 : 「・・・・・」女 メール中


Ψ(`∇´)Ψ 「ダメだ・・・耐えられない。」
オット様 : 「ワサビか?それとも・・・・・」
Ψ(`∇´)Ψ 「そう。それとも・・・の方。」


帰りの車中
「いやぁ、あのグーグガンモ似の男、笑えたねぇ~。」
「え?御茶ノ水博士だろ、あれは。」
討論するも決着つかず。


「じゃ、またあのお店だね。常連っぽかったもん。ガンモ。」
「だな。博士だって、あれは。」

ポチリとひとつ<(_ _*)> アリガト→バナー 

スポンサーサイト

コメント

akkonさんへ

絶対ガンモよっ。ブーブー(鼻息
写メは撮れなかったわ。だって
「喧嘩じゃ負け知らず。」らしいから。
チビペアじゃ、勝ち目ないもの。

女子もねぇ・・・特上頼んじゃいなYO!だよね。

で、でた~~~!
また、人物観察~★ けど、毎回おもしろい人物に
出会うよね~。はるしゅんさんって。
グーグーガンモか博士かよくわからんが、どっちにしろ
ブッブゥー アウト! なわけだよね!?
女の子もいくらお寿司おごってくれるっつっても
もっと相手選びなよ・・・って、私が余計なお世話だね。

その横で笑われてるとも知らないあほガンモ。 写メみた~~い。
(撮るわけないよね?)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://harushun.blog54.fc2.com/tb.php/317-fd2781e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。